24号の給湯器を使用しているお風呂

給湯器の号数って何?

給湯器の号数は、給湯器の給湯能力を示しています。

給湯能力とは、1分間で給湯前の水温から25度上昇させたお湯を何リットル供給する事が出来るかが基準とされています。

号数別の具体的な給湯能力

1分間に16リットルのお湯を供給できれば16号、20リットルのお湯を供給できれば20号となり、24リットルのお湯を供給できれば24号と表記されます。

給湯器は、1分間あたり10リットルの水温を25度上昇させるので、10号なら1分間あたり250kcal、16号なら400kcal、20号なら500kcalの能力があります。

条件によってお湯の量は変化する

給湯能力は先ほどご説明したものが基準ではありますが、配管長さや配管の太さ、配管経路、給水圧などにより、設定された温度より温いお湯が蛇口より供給される事もあります。

蛇口の放出量は、東京都水道局によれば蛇口の回旋度90度で1分間あたり12リットルとされ、全開の場合には21リットルとされています。

一番注意しておきたいのは、水温です。

水道管から流れてくる水の温度が高くなる春夏など温暖な時期であれば、お湯を温めるためのパワーが少なくて済みます。

しかし、水温が低い秋冬など寒い時期になると、より多くのパワーを利用して水を加熱するため、1分間で作ることのできるお湯の量が少なくなってしまうのです。

どの号数の給湯器が、どんな条件で使われるのか

10号の給湯器は、春季や秋季の1箇所の40度給湯ならば充分な給湯能力がありますが、水温が10度を下回る冬期には1分間あたり8リットル以下と1箇所の給湯を賄うのが精一杯なので賃貸のワンルームに設置されています。

逆に28号の給湯器は、水温10度以下の冬季にも40度のお湯を約23リットル供給する事が出来、3箇所での供給が可能とされ、二世帯住宅などへの設置が多い号数です。

給湯能力は下がっていく?

新品の給湯器と長年使った給湯器では、お湯を作る能力に差ができます。

配管やバーナー、センサーなど部品の経年劣化が主な原因となります。

そのため、今まで台所の洗い物とお風呂のシャワーで同時にお湯を使っても問題なかったのに、お湯の量や温度が安定しなくなってきた場合には給湯器の交換時期が近付いている可能性が高いです。

どの号数を選べばいいの?

1人暮らしならば16号、2から3人暮らしで2か所で同時給湯する機会があるなら20号、4人以上のご家族なら3か所以上で同時給湯ができる24号がおすすめです。

お湯をたくさん使うご家庭や、その地域の平均気温などにも左右されますので、簡単な目安となります。

また、冬場は給湯能力が低くなりますので、号数を選ぶ際の基準は冬場の気温に合わせるべきです。

これらの基準を元に自分に合った号数の給湯器を選ぶか、不安があるなら業者と相談してみてもいいでしょう。