お湯がたっぷり入ったお風呂の浴槽

給湯器の交換時期について

普段あまり存在を気にすることの無い給湯器ですが、毎日休まず生活に必要なお湯を作っています。

そんな縁の下の力持ちな給湯器ですが、実は消耗品なのです。

お湯を使えば部品が錆や摩耗などで劣化しますので、必要な時期がくると交換が必要となります。

このサイトでは給湯器の基本的な情報を掲載していますので、買い替えに役立てて下さい。

給湯器はいつ交換するの?

給湯器の交換時期は約10年が一般的とされます。

他の家庭用機器と同じで一概には言い切れませんが、早くて8年、長ければ15年以上使えることもあります。

環境や使用頻度などにも左右されますので、目安としては10年と考えて良いでしょう。

故障や寿命の見分け方

明確な表示がなくとも、毎日使う物ですのである程度は故障や寿命のサインというものがあります。

もっとも厄介な場合では急に故障してしまうこともありますが、故障や寿命のサインを見逃さず適切なタイミングでの交換が肝要です。

具体例としては、お湯を出しているのに突然水になってしまう・前より蛇口やシャワーから出てくるお湯の勢いなくなったなどの現象でしょう。

いわゆる温度ムラが出る・水圧が低いといった状況ですね。

この不具合は近い内に故障するよという合図ということになります。

お風呂などでお湯を出した時にキッチンのお湯が冷めてしまう場合は、容量があるので仕方ないと思いがちですが、それも故障のサインの一つと思った方が無難です。

給湯器が故障したら、修理と交換のどちらが良いか

交換が良い場合

結論から言うと、10年以上使った給湯器、あるいは10年目に近い給湯器で重大な部品を損傷している場合は交換が良いでしょう。

給湯器のメーカーは多く、ノーリツやリンナイやパロマ、ハーマンやナショナルやパーパス、コロナや東京ガスや大阪ガスなどがあります。

これら全てのメーカーは給湯器の交換時期を10年と設定しており、10年以降は修理対応を行わなくなります。

つまり、10年以上使っている給湯器が壊れてしまったら、無理に修理せずに交換するべきと言えるのです。

また、給湯器を使い始めてから8年目や9年目など、寿命でもある修理対応期間が近くなっている場合についてはどうでしょうか。

この場合は修理費用によるのではないかと思います。

何故かというと、簡単な修理やメンテナンスで故障の症状が改善される場合は良いのですが、部品によっては修理費用が自己負担となることがあるからです。

給湯器の根幹ともいえる釜の部分やバーナー部分などが壊れてしまうと、修理で高額な料金を支払わなければなりません。

さらに古くなっている給湯器の不具合は1か所だけとは限りませんので、何度も修理を繰り替えすことになりかねないのです。

修理が良い場合

使用期間が10年未満である場合は修理が良いでしょう。

前述したとおり、給湯器の寿命・修理対応期間は10年です。

給湯器を使い始めてからすぐに故障した、また3年目から8年目で調子が悪くなってしまったなどは初期不良が原因である可能性が高いため、メーカーに連絡して修理やメンテナンスで対応してもらうべきと言えます。

給湯器には商品保証がついており、2年ないし3年の無料保証期間がほとんどの機種につけられています。

有料サービスとして最大10年の延長保証も用意しているメーカーもありますので、それをうまく活用しましょう。

もし排気口を荷物や塀で塞いでいた、家庭用を業務用として使用していた、自分で修理しようとして壊してしまったなどの場合は保証対象外になる可能性が高いので、正しく使うことを普段から心がけておくと良いかと思います。

壊れた給湯器の交換は早い方が良い

調子が悪くなっている給湯器を無理矢理使ってお湯を作り続けていると、漏電や一酸化炭素中毒など危険な事故に結びつく可能性があります。

特に一昔前の古い小型の湯沸かし器などでは安全装置が搭載されていないこともあり、年に数件ほど故障事故による体調不良、小火などが起こっている状況です。